肌の傷跡をきれいに消す方法

 

2016y05m19d_001714202

 

ちょっとした傷など、日常の些細なけがをした時に簡単に済ませてしまい、あとから思ったよりも傷跡が目立てしまうという経験はありませんか?

 

傷には、新しい傷と古い傷があります。新しい傷は現在治りかけている傷で、この新しい傷を古い傷にさせないで、少しでもきれいに消すことで完治したあとの肌の傷跡が少なくなります。

 

傷跡が残ってしまうおもな原因を調べました。

 

・バイキンに感染してしまう
治りかけているときにばい菌に感染してしまうと傷口はうまくふさがれないので傷がのこりやすくなります。

 

・傷を乾かしてしまう
赤チンなど肌を乾燥させて乾かす方法が昔は良くされていました。
ばい菌の繁殖をおさえることができますが、現在はちゃんと消毒したのであれば、乾燥は傷口にとっては逆効果です。
傷口はできる限り保湿した状態に保つことできれいに傷を消すことができます。
絆創膏なども保湿してあるものを使うとよいです。

 

・治りにくくなる薬を飲んでいる(免疫を抑制するなど)
免疫力を低下させる薬を飲んでいると傷口が治りにくいです。

 

・糖尿病がある
糖尿病の場合、傷口の免疫力が少なくなっているのできれいに完治することが難しいです。

 

・血液の循環が悪い
血液の循環が悪い場合は、細胞の代謝が悪いのでなかなかきれいに治りません。

 
以上が傷が残りやすい理由でした。

・バイキンに感染してしまう
・傷を乾かしてしまう

この二つは意識すれば改善できそうですね。

ちょっとした配慮で、後悔のないきれいな傷口になりますので気になる方はチェックしてみてください。